岩国地区消防組合
リンク集 お問い合わせ サイトマップ
消防本部の紹介
119番通報
救急・防災知識
子供が発病したら
熱中症
物が喉に詰まったとき
心肺蘇生方法
台風対策
災害から
日ごろの備え
火災予防
消防年報
申請・届出用紙
講習会/試験
例規集
熱中症
熱中症とは 応急処置の方法

熱中症とは

熱中症の症状

熱中症とは、「日射病」「熱けいれん」「熱疲労」「熱射病」の総称で熱中症の症状には、次のようなものがあります。

  1. 多量の発汗
  2. 筋肉のけいれん
  3. めまい
  4. 吐き気
  5. 倦怠感・脱力感
  6. 意識障害

熱中症の予防

睡眠不足や風邪気味など、体調の悪いときは暑い日中の外出や運動は控えましょう。

通気性のよい服を着て、外出時には帽子や日傘を使用しましょう。

「のどが乾いた」と感じたときには、すでにかなりの水分不足になっていることが多いものです。定期的に少しずつ水分を補給しましょう。特に夏場には0.1パーセント程度の塩水またはスポーツドリンクを飲むのがおすすめです。

発育途中の子どもや高齢者は熱中症にかかりやすいので、予防を心がけましょう。

応急処置の方法

涼しい場所へ移動しましょう

まず、日陰や冷房の効いた場所へ移動し、衣服をゆるめて楽にして体を冷やす。冷やしたタオル(ペットボトルでも代用可)を脇の下や首筋に置くとよい。意識がはっきりしていたら、水分と塩分(スポーツ飲料など)の補給を。早めに医療機関を受診する。 重症になると死亡することもあるので、暑いところで作業や運動を行うときはこまめに休憩し、水分や塩分の補給をして、予防することが大切です。

 
岩国地区消防組合消防本部 〒740-0037岩国市愛宕町一丁目4−1
TEL : 0827-31-0119  FAX : 0827-32-1119
MAIL : ifd119@joy.ocn.ne.jp