岩国地区消防組合
リンク集 お問い合わせ サイトマップ
消防本部の紹介
119番通報
救急・防災知識
子供が発病したら
熱中症
物が喉に詰まったとき
心肺蘇生方法
台風対策
災害から
日ごろの備え
火災予防
消防年報
申請・届出用紙
講習会/試験
例規集
HOME >>救急・防災知識>>日ごろの備え
日ごろの備え
集中豪雨 避難場所・用具 早めの避難 前兆現象 土石流

集中豪雨

「危険な前ぶれに注意」

ふだんから川やがけの様子を気にかけておきましょう。もし、雨が続いている間や雨上がりに、ふだんとは違う次のような状態に気づいたら、近所の人にも呼びかけて注意を継続し、危険を感じたら速やかに避難しましょう。また、防災関係機関にも通報しましょう。

  • 川の水かさが急激に、または著しく上昇している。
  • 川がにごったり、流木などが流れている。
  • がけから音がする。小石が落ちてきている。斜面にひび割れや変形がある。
  • がけや斜面から水が吹き出している。がけからの水がにごっている。
  • 山鳴りがする。雨が降り続いているのに川の水位が下がっている。

雨量が1時間に20mmを超える場合や、降り始めからの雨量が100mmを超える場合は、特に注意しましょう。 日頃の備えと早めの避難 土砂災害から身を守るには、みなさんの「日頃の備えと早めの避難」が重要です。

避難場所・用具

危険箇所や避難場所の確認

あなたの身近にある土砂災害危険箇所や避難場所を土砂災害警戒避難体制図(危険箇所マップ)で確認してください。
普段から家族全員で、避難場所・避難する道順を決めておきましょう。
災害が起きたとき、家族全員が一緒にいるとは限りません。そんな時も、あらかじめ避難場所をみんなで決めておけば安心です。

非常袋を常備

食料・飲料水・懐中電灯・ラジオ・貴重品・衣料品などを入れた非常持ち出し袋を常備しておきましょう。
また、避難するときには、携帯電話があれば必ず持って行きましょう。

早めの避難

雨に注意

土砂災害の多くは雨から起こります。
大雨や長雨で危険と思ったら、早めに避難しましょう。1時間に2mm以上又は降り始めてから100mm以上の降水量になっていたら十分な注意が必要です。

テレビやラジオで情報収集

土砂災害の多くは雨から起こります。
気象予報などさまざまな情報に気を配り、近所の方たちとも連絡をとりあいましょう。避難の準備も忘れずに。

避難勧告などには速やかに従いましょう

お住まいの市町村から避難勧告や避難指示があれば、速やかに従いましょう。

声のかけ合いと助け合い

子供やお年よりの避難には誰かの手助けが必要です。つねに声をかけあい、助けあう地域の輪、人の和で、みんなの安全を守りましょう。

前兆現象

土石流
  • 山鳴りや、立木の裂ける音、石のぶつかりあう音が聞こえる
  • 雨が降り続いているのに、川の水位が下がる
  • 川の水か急に濁ったり、流木が混ざりはじめる
がけ崩れ
  • がけからの水が濁る
  • がけに亀裂が入る
  • 小石がバラバラ落ちてくる
地すべり
  • 地面にひび割れができる
  • 沢や井戸の水が濁る
  • 斜面から水が吹き出す

土石流からの逃げ方

土石流はスピードが速いため、流れを背にして逃げたのでは追いつかれてしまいます。 土砂の流れる方向とは、直角に逃げましょう。

 
岩国地区消防組合消防本部 〒740-0037岩国市愛宕町一丁目4−1
TEL : 0827-31-0119  FAX : 0827-32-1119
MAIL : ifd119@joy.ocn.ne.jp